ギャラリー薔薇ねこ館

[古い洋館風」をコンセプトにインテリア、バラ庭などいろいろ綴ります。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

祭りのあと・・・余韻、その後



ウィリアムロブのシュートです。
地ぎわからから力強く野太く伸びてきました。
何だか来年もやるぞと、やる気を見せてくれているみたいで
この時期のお楽しみの一つです。
モスローズらしく、トゲトゲのところが好みです。
来春もきっと素敵な花を見せてくれるでしょう

NEC_0210.jpg

アルベリックバルビエです。
薔薇ねこ庭では北側の垣根に誘引しているので、
ポツリポツリと遠慮がちに時期長く咲きます。
4~5メートルのトレリスに枝が長いので行ったり戻ったり
何とか収まっています。

NEC_0213.jpg

NEC_0212.jpg

NEC_0211.jpg

白い花たちがつぎつぎに咲きだして
さながらホワイトガーデンの様相になってきています。

もともと白い花が好きで薔薇ねこ庭はバラ以外の花は
ほとんど白ばかり

早春より、マグノリア 雪柳 コデマリ オオデマリ 
雲南白雪 そして写真の アスチルベ ホタルブクロ
バイカウツギ など、そして白アジサイ バーベイン
と続きます。  
スポンサーサイト

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

お遊びパートⅡ

NEC_0207.jpg

名付けて「薔薇のお重」
大きな画面で見てみて!クリック クリック

NEC_0176_convert_20130526204838.jpg

前庭のガゼボでファイル フェン ブラウが咲き始めました。
濃い赤紫で咲き始め、しだいにブルーグレイに近いパープルに
褪色していきます。
紫系統のつる薔薇の中でこれが一番シックな色で咲くと思います。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

雨の日のお遊び

今日は朝から一日雨です。
天気予報によると 当県は昨日から梅雨に入ったらしいです。
まだ五月なのにい~と言ってもしかたないのですけれど、
もう少し良い季節を堪能したかったです。

と、言うわけで今日は、玄関ポーチで楽しみました。

NEC_0200_convert_20130528145719.jpg

一昨日とっておいたクリスマスローズの花を利用して作ってみました。
すでに褪色しているので とてもシックなリースに仕上がりました。
材料費ゼロでなかなか我が家の玄関ドアに似合ったのができて
ルンルン雨の日も捨てたもんではありません。

え?さっき愚痴ってたのと辻褄が合わないって?
まあ、細かい事は気にしないでください。

で、残りはというと

NEC_0199_convert_20130528145657.jpg


このように乾燥を兼ねてポーチの壁を飾っております。


そして薔薇ねこ庭のばらたちは、咲き終わったコも、まだのコも
濡れそぼって大変な状態です。
ゆいいつ今日の風雨を予想して鉢コのセントセシリアをポーチに
取り込んだので、ポーチはにわかに華やかになっております。

NEC_0201_convert_20130528145746.jpg

NEC_0202.jpg

ポーチ前パーゴラからアルベルティーヌが顔をのぞかせて

NEC_0203.jpg




  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

バラ友さんのお庭訪問

天気予報では夕方から雨
バラの季節も終わりが近づいています。

もう、一雨で散ってしまうバラもあります。
急いで急いでと気はあせります。


NEC_0194.jpg


近所のバラ友さんの庭にて、
わたし的  ビュウポイントです。
ポールズヒマラヤンムスクが優しい色で満開の晴れ姿です。
薔薇ねこ庭のポールズとは微妙に色調が違う
ちょっと大人っぽいピンクのヒマラヤンムスクです。
横のガゼボと調和してとても素敵です。


つづいて雨の前の薔薇ねこ庭いろいろ


NEC_0190_convert_20130526205128.jpg

十六夜バラ 別名ロサ ロクスブルギー
大きなイガイガの蕾から濃いピンク色の華やかな花が現れます。
花が全円にならず必ず一か所欠けた姿とか茎が白いとか
ちょっと、けったいな所は、さすが原種!
他の追随を許さないオリジナルな姿が好みです。


NEC_0195_convert_20130527195020.jpg


ブール ド ネージュ
丸いコロンとした真っ白なロゼット咲きの花は いつもきちんと
整って咲きます。
今日の薔薇ねこ庭のバラたちの中で一番の姿です。
時期的にいつもお客が去った後に咲くので、
その美しい姿にもかかわらず みんなの目に留まらない
ちょっと可哀想なコです

NEC_0192_convert_20130527195053.jpg


この前から クリスマスローズの花をいつ切ろうかと
思っていたのですが、バラもひと段落ついたし やっと
切りました。
庭もずいぶん すっきりとしました。
とりあえず、ポーチに飾っていますが、これを何んにしようかと
思案中です。
雨の日の手仕事にちょうどいいでしょ?

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

冠山公園&オープンガーデン

予定していた冠山公園とタイアップのオープンガーデンへ
行ってきました。


心配していたお天気も上々で朝早く出発です。

NEC_0178.jpg

NEC_0177.jpg

冠山公園のバラは満開です。
ここは、お気に入りのバラが大株に育っているので
毎年この季節 訪れるのですが、結構、来るたびに場所が
変わっていたりします。
でも探すと どこかにちゃんと居るのでほっとします


下の写真のは大アーチにからんだ、ジャンヌダルクです。
こんなに大きなジャンヌダルクは公園ならではですよね。
広い場所でのびのび育ったトンネルアーチのバラたちは
毎年必ずチェックするものの一つです。


さあ、オープンガーデンへバスで出発です。

NEC_0182.jpg

個人宅とも思えない広大な庭は、花とバラが調和した
優しい庭です。
外国の庭のようにつ小道をゆくと、つぎつぎに趣の違った
庭が出現します。

NEC_0184.jpg

大好きなヴィレッジメイドも花達の間で自然に咲いています。

NEC_0183.jpg

エキウムというブルーの花が大株で清涼感を漂わせ、
こぼれ種からもあちらこちらで育っています。


そして、バスは山あいに向かいます。

NEC_0187_convert_20130526205034.jpg

NEC_0186_convert_20130526205006.jpg

NEC_0185_convert_20130526204919.jpg

思わず 可愛い!
庭の小道で張り付いてしまいました。

NEC_0189.jpg

気になった シックなバラ。
花持ちがとてもいいそうです。


名残を惜しんで冠山公園へ戻る。


密度の濃い庭二つ、とても良かったです。

NEC_0179.jpg

この派手なバラは、〇〇忘れました。
とにかく、アイスバーグの色変わりらしいです。
公園ではこういう薔薇ねこ庭の方針とは違うバラに遭えるのも
楽しみの一つです。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今少しお楽しみは続きます

薔薇ねこ庭のバラたちもいよいよファイナルが近づいてきました。
最後の花火のごとく、有終の美を飾るために もうひと頑張りです。


NEC_0171_convert_20130525202955.jpg

おなじみアイスバーグです。別名シュネビッチェン。
ゆいいつのフロリバンダです。
薔薇ねこ庭 創生期の頃は、ずいぶん本数が有ったのですが、
今ではこれのみです。
真っ白なドレスの裾を重ねたような清楚な姿がとっても素敵で
す。
もう、かなりの古株になっていまだ健在です。
NEC_0144.jpg


これまた薔薇ねこ庭、ゆいいつの修景バラ ホワイトメイディランド
です。
前庭の正面に陣取って目立つバラです。

NEC_0175.jpg

家の前庭はこんな感じです。


NEC_0169_convert_20130525202918.jpg

こちらはブラッシュノアゼットです。
今年は珍しくあまりゾウにやられなかったので、
なかなかキレイに咲きました。
濃いピンクの蕾がかわいいです。

ノアゼットらしく東南の日当たりの良い場所で
過保護気味に育っています

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今日も庭めぐり

今朝は涼しくて庭びよりです。
午前中バラ友さんが訪問されるので、花がら摘み、庭掃き、水やり
三点セットを早々に済ませ準備完了。
と、思ったらすでに太陽はテカテカと照って、暑い
あわててパラソル立てて・・・

お祭りお祭りバラ祭り


薔薇ねこ庭で花観て、お茶して出発です。


1軒目、毎年お邪魔させて頂くお庭を観て、
そのてんこ盛り咲いている花に、今年もすごいねえ
綺麗ねえと、感動して、


またまた、迷運転炸裂でなぜか2軒目にたどりつき
その素敵なお家とお手本のように育ったバラに感動して・・・


そして薔薇ねこ庭に戻る

NEC_0162_convert_20130523194908.jpg

イングリッシュローズのセントセシリア
薔薇ねこ庭では珍しく鉢にいます。
このバラは、終いまで丸い花姿を保ち、イングリシュローズらしい
とてもいい匂いがします。


そして夕方、今日一緒に周ったバラ友さんの庭を訪門


またまた、そのスケールの大きな庭に感動
いろいろ本当にたくさんの種類のバラに出会えて
きれいきれい


日暮れて 薔薇ねこ庭に戻る・・・何だかスゴロクのような
今日も良く遊びました。


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

遅咲きの出番です

そろそろ薔薇ねこ庭では 遅咲きが咲き始めました。

NEC_0154_convert_20130523194644.jpg NEC_0153_convert_20130523194552.jpg

ガリカローズのタスカニーです。
咲き始めは ほとんど真紅に近い濃いピンクからしだいにパープル
色に褪色していきます。
黄色のしべと紫の花びらの対比が見事です。

大きい写真でも見てやって! 年に一度の晴れ姿

NEC_0155.jpg

NEC_0161_convert_20130523194747.jpg

コニファーの間から首を出してさいているのは、
アウェ-クニングです。
ニュードーンの近縁ですが、何やら重ね厚く豪華に咲いています。
シャローカップ咲きでイングリッシュローズのように華やかです。
この薔薇、有りそうでなかなか見かけないので訪問者に人気があります。

NEC_0152_convert_20130523194618.jpg

マダム イザーク ペレーレ、薔薇ねこ庭では賑やかし要員役
中庭から裏口に抜ける東側の通路脇で派手にやってます
花数多く強香で、よく切り花にして楽しんでいます。
たくさん咲くので惜し気なく切れるのです。


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

いろいろなお庭を訪問しました

午前一番にバラ友さんのとっても綺麗なお庭を訪問しました。
わあ、キレイ、スゴイの連発です


その後、今年はイエローブック当県版を入手したので、
ちょっと周ってみることにになりました。


簡単な地図は載っているのですが、なんといっても 
スマホ無しカーナビ無しのアナログ人間が行くのですから大変です


数軒のお庭を拝見した後、ちょっと、足をのばして1時間後
奇跡的に動物的感でたどり着きました


とってものどかな山間部
お留守のようでしたが、アポなしOK ご自由にご覧ください
ということなので、観せていただきました。


数種のつる薔薇が塀の上の手作り鉄パイプに誘引してあったり、
名前タグの代わりに名前を書いたお皿が地面に挿してあったり、
興味深い工夫がしてありました。

こんなの初めて見ました!

そして、なんと言っても、うちでハゲハゲのフィリスバイドがとっても綺麗に
咲いていて、う~ん、やっぱりこれ綺麗よねえ!なんて、
再認識したりして


以下そして帰り着いて薔薇ねこ庭です

NEC_0138_convert_20130521200347.jpg

モスローズのニュイドヤング、本物はもう少し赤紫色です。
葉っぱも花も色濃くてアンティークな感じがします。

NEC_0039_convert_20130504200841.jpg

同じくモスのゼネラルクレベール。
葉っぱが茂る割に花は少ないです。
しかし、咲いた花は輝くばかりのピンク色でとっても綺麗です

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

咲き乱れて薔薇ねこ庭~



一昨日の雨は、まだたくさんの蕾を残していたのでそれ程ダメージなく
まさに咲き乱れ状態です。
早朝 澄んだ空気の中一人庭を歩くのは、とても幸せな気分になります。

上の写真はプレーリー№2です。
今年は今までで一番の開花です。
オールドローズにしては大輪で華やかなバラでもちろん いい匂い

NEC_0143.jpg

コーネリア、コーラルピンクを基調にしたシックな花色です。
よそのお庭のコーネリアは結構大きなものも見かけますが、
うちのは 何年たってもこじんまりと前庭を飾っています。
小さな微妙に違う花がかたまって咲いている様はかんざしみたいで
可愛いです。

NEC_0145_convert_20130521200521.jpg

おなじみニュードーンの開花が始まりました。
薔薇ねこ庭では少数派のモダンクライマーです。
剣弁高芯咲きのお手本のような咲き始めですが、花びらが少ないので
すぐ平咲きになります。
やはり、薔薇ねこ庭では いつまでも気取ってられないのでしょう
今から十分、後半期の賑やかし役を果たしてくれると思います。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

風雨が去って



今朝は昨日とうって変って朝からお天気です。
昨日の雨の後始末を考えると、うんざり
後半期を楽しむためには、これから気を取り直して 花がら摘みと
庭掃除に勤しみましょうか

さて、上のバラはなんでしょう?
朝の光線効果で美しく写っています。
なんてことない昔のイングリシュローズのワイフオブバスです。
やはり、バラにも写真映りがいいコと悪いコがいます。
結構、頭の中ではいろいろなバラが思い浮かんだりします

NEC_0122_convert_20130519075728.jpg

トレジャートルーブです。
ポールズヒマラヤンムスクの茂みで遠慮がちに
花を咲かせました。
木はポールズと同じ時期にピータービールスから裸苗で購入し
数メートル離れた隣同士に植えたのですが、圧倒的にポールズが勝って
います。
ただ、たまに咲くと まさに宝物のように綺麗で思わず愛でてしまいます

NEC_0136.jpg

くだんのポールズヒマラヤンムスクの艶姿
雨に濡れてもなお綺麗です

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

朝から大雨、、、



天気予報通り雨です。せっかくの日曜に雨なんて・・・
でも、昨日さんざん満開を満喫したので良しとしましょう
こんな日は花でも飾って庭仕事も一休み。

NEC_0118_convert_20130519072253.jpg

フェリシテパルマンテ, アルバ種の良いところを凝縮したようなバラです。
前庭から中庭に向かう小道の隅にひっそりと咲いています。
もう少し条件の良い場所なら もっと盛大に咲くことができるのに・・・
なんて思ってもしかたありませんね。
薔薇ねこ庭は名前通り猫の額、、、
アルバっ子には耐えていただきましょう

NEC_0124_convert_20130519075817.jpg
アガサ インカルナータ, 上のフェリシテの隣にいます。
よってこの子も悪条件の地でけなげに花を咲かせました。
ガリカ種にらしからぬ薄色ピンク色の花は 意外性があって面白いです。

NEC_0126.jpg
アルベルティーヌ、10年以上前知り合いから頂いた一枝から
挿し木で育ったバラです。
当時はまだ何も知らず地面にぶっすりと挿すという乱暴なやり方で
庭の一員になりました
それから3、4年絶頂期を迎えお決まりのカミキリにやられ、
衰退 回復に至っています。
でも、このなんとも言えないロマンチックなサーモンピンクが好きで、
玄関パーゴラには無くてはならない存在です。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

いよいよ満開です



今朝二階のバルコニーから撮影しました。
ほぼ満開です。
今日はお客様も来るし、よそのお庭も観に行きます。
まず、花がらつみ 掃き掃除 水やり、ああ忙しい。

NEC_0114_convert_20130518200218.jpg

コンプリカータ。
昨年は塗装工事のため切られてしまって花が付きませんでしたが、
今年はちゃんと咲いてくれました。

NEC_0116_convert_20130518200318.jpg

シャルル ド ミル。
一年に一回数日しか咲きませんが、毎年これが咲くと
必ず雨が降ります。
今年も天気予報によると、明日は雨
このジンクスなんなのかしら・・・ 



  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

お祭り週間がやって来ました



花咲く五月、一年中で一番忙しい2週間がきました。
薔薇ねこ庭で綺麗に咲いたバラも愛でたいし、バラ友さんの満開のお庭も
訪問したいし、いつものバラ園にも行きたいし、
この時期 朝から晩まで精力的に動きまわります。
もう、一年分くらい・・・


さて、大?オールドローズの登場です。
ファンタンラトールとてもオールドローズらしいバラだと思います。
綺麗なピンクの花にケンティフォーリアらしい大きな葉っぱが素敵です。

NEC_0068_convert_20130510081450.jpg

ポールズヒマラヤンムスク これが咲いたら薔薇ねこ庭では満開を迎えます。
そばに寄るといい香りが漂います。

NEC_0106.jpg

レディ ダンカン 中間咲きの種ですが、本当に五月の数日しか咲きません。
しかも、夕方遅くは花が閉じてしまうので、これが満開になったら、心して
鑑賞しなければすぐ見逃してしまいます


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

香りの渦にうっとり



今日は朝から曇りのお天気です。少し肌寒いくらいです。
こんな日は絶好の花見日和です。
薔薇ねこ庭のバラたちはあちらこちらでポンポン咲いて香りを放っています。

赤紫の濃い花はカーディナル ド リシュリュー。
オールドローズの中でも一二を争うほど濃い紫色だと思います。
とてもシックで大人っぽいところが好みです。
ただ このバラ、バラゾウも好みらしくて開花までに蕾が半分はやられて
しまいました

NEC_0099_convert_20130516200124.jpg

モスローズのサレです。
オールドらしいピンク色の花はとても花つきが良く、強く香ります。
薔薇ねこ庭の香りランキングでかなり上位に入るかとおもいます。
しかも、夏まで返り咲いて なかなか優秀なモスです。

NEC_0089.jpg

ハイブリットムスクのペネローペです。
パウダーピンクの花びらに黄色のしべが目立つ、シンプルな姿です。
花持ちは悪くどんどん褪色して最後はほとんど白に近くなります。
ただ、独特のグレイグリーンの葉っぱとの対照がどの時期の花色にも
マッチして互いに引き立てあっていると思います。

NEC_0103.jpg

バラの下ではギボウシが各種お店をひろげています。
それぞれ、ハルシオン、ジューン、ザウンズなどこじゃれた店名
があります
バラの季節の素敵なコンパニオンプランツです。


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

満開まであと少しです



フィリスバイドです。
写真にはなかなかべっぴんに写っていますが、実は黒点病で葉っぱは
ハゲハゲですおまけにバラゾウに花首をことごとくやられて散々です。
薔薇ねこ庭では、今年はほぼ無消毒です。
その割には全体的にまあまあの状態です。
ただ、中にはちょっと重病なヤツもいます。このフィリスバイドは
その最たるものでしょう。
同じアーチの反対側のラッセリアーナは病気知らず虫害知らずの
ピチピチです。
花はピンクアプリコットの複雑な花色で、一つ一つ微妙に違う安定感の
欠いたところが好みです。

NEC_0094_convert_20130515143538.jpg

クイーンオブデンマークです。
とてもオールドローズらしい薔薇だと思います。
花色 型 香り三拍子そろっています。

NEC_0096.jpg

グラスアンアーヘンです。
とても花付の良い豪華なバラです。
前庭を華やかに飾っています。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

開花ラッシュです



モスローズのウィリアムロブです。
最初は赤に近い濃いピンクで開花しますが、しだいにグレイがかった
紫色に褪色していきます。
同じくグレイッシュな緑の葉っぱとぴったりマッチしています。
木は強健で毎年太いトゲトゲのシュートを出します。
アーチの上で花を並べて咲くさまは、訪れた人にも
なかなかの人気です。

NEC_0044_convert_20130513211243.jpg

アルバ セミプレナです。
切ってガラス瓶に飾ってみました。
清楚な白い花とグレイグリーンの葉がとても似合ってます。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

クライマックスに向かって




先に蕾で登場したヴィレッジメイドです。
またの名を ロサ ケンティフォーリア バリエガータといいます。
とてもシックなストライプで登場です。
優しい色合いが好みです。


NEC_0065_convert_20130513201943.jpg


ガリカローズの紫玉(シギョク)です。
薔薇の名前にしては珍しく漢字名しかありません。
小ぶりの紫に近い濃いピンクの花がポンポン咲きます。


NEC_0085.jpg


ラッセリアーナ、熊本のバラ園で四年くらい前に新苗で購入
しました。
図鑑で見て探していたところ偶然見つけたのです。
このラッセリアーナ 病気知らずで、その上あの憎っくき
バラゾウ虫も寄り付かないという優秀な薔薇です。
お蔭ですくすく育っています。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

どんどん咲き始めました



今日は 朝から晴天
この時期 毎日そわそわして、5時くらいには目覚めてしまいます。
普段の私ではありえないのですが、薔薇は毎日どんどん咲くので寝てなんか
いられません
上のバラは、ロサ マイカイ?だと、思います。
ハマナスと言うことで購入したのですが、ハマナスにしては特徴が違ってて
数年いろいろ検証の結果マイカイだろうというと、いうことになりました。
このマイカイ、なかなか珍種らしくて図鑑でしか見た事がありません。
ハマナスより全体に線が細く繊細な感じです。
開花はほとんど一期咲きです。

NEC_0077_convert_20130511200329.jpg

フィンブリアータです。
昨日雨の中けなげに咲いていました。
カーネイション咲きの白に少しピンクがさした可愛らしいルゴサローズ
の仲間です。
近年、花つきが今一つでしたが、冬にうまくテッポウムシを退治できたので
今春は結構花がつきました

NEC_0079_convert_20130511200458.jpg

チャイナローズのムタビリスです。
最初はアンズ色で咲くのですが。だんだん色変わりして
最後は赤に近い濃いピンク色に変わります。
花持ちがいいので、一本の木にいろいろな色の一重の花が
ヒラヒラと付いていて、
なんとなく中華なにおいを感じるのは私だけ?
ガゼボの下でチャイナ軍団のにぎやかし的存在です。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

雨があがった・・・



昨日 一日中降った雨は今朝は止んでいましたが、庭の薔薇たちは散々なありさまです。
せっかく咲いた花は雨をたっぷり含んで、その重みで枝は垂れ下がってしまいました。
しかたがないので、切って水に浮かべてみました。
ロズレイドレイばかり四つ、なかなか綺麗だと 玄関のウエルカムフラワーになりました。
もちろんガーデン薔薇ねこ館のサインプレートも添えて

NEC_0075_convert_20130511200209.jpg

イングリッシュローズのエブリンです。
香水の名前になったぐらい とても香り高い薔薇です。
ピンクとイエローとアプリコットがないまぜになった複雑な花色に豪華な大輪が
薔薇ねこ庭では 女王様のような存在です
やはり女王様らしく庭の一等地に住んでいます

NEC_0076_convert_20130511200253.jpg

ロサ ダマスケナ ビフォラ です。
ダマスクローズの基本種 四季咲き版です。
四季咲きといっても、そこはオールドローズ、秋に少し返り咲く程度です。
薔薇ねこ庭は住宅地の中にあり、日当たりも決して恵まれている方ではなくて、
秋は早くから日差しが陰るので、あまり秋の花を見た事がありません
この種はヨーロッパでは薔薇の精油を採取する原料にされていたくらいで、
匂いを嗅ぐと うっとりして幸せな気分になります。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今日は雨

SANY0096_convert_20130510102945.jpg

今日は朝から雨ふりです。
毎年五月の薔薇の咲く頃になると、お天気が気になります。
本当はひと月全部、晴れかくもりであって欲しいところですが、
なかなかそうもいきませんよね
外に出られないので、リビングの窓越しに撮影してみました。
手前のウィンチェスターキャセドラルがポコポコ咲いて後方に
プレイリー№2の蕾が覗いています。
そろそろ主役の大きなつる薔薇たちが開花し始めました。
満開は来週末あたりでしょうか
お天気になるよう 祈るばかりです

NEC_0040_convert_20130510081252.jpg

ロサ キネンシス アルバ 日本名白長春です。
先日アップした、ロサ キネンシスの白花種です。
ちょっと性質が弱いみたいで、ピンク種ほど大きくなりません。
その上このバラはバラゾウ虫がとても好むらしくて、ただでさえ少ない
蕾の花首をチョッキチョッキリとやってくれます
そんな訳で、このなかなか綺麗に咲かないバラの花は貴重かも


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ふっさり咲きました



イングリッシュローズのキャサリンモーリーです。
隣のウィンチェスターキャセドラルと並んで紅白饅頭のようです。
あ、饅頭のようななんて形容をするのはデビット オースチンさんに失礼かしら
花姿はオールドローズの様なカップ咲きで、色は透き通ったピンクです。
残念ながら芳香はほとんどありません。
薔薇ねこ庭での役どころは、装飾要員と言ったところでしょうか


NEC_0197.jpg


こんな感じで咲いています。
まさに、壁の華

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ホワイトグルーテンドルスト



カーネーション咲きのルゴサローズです。
ピンク、レッドなど有りますが、やはり清楚な白がいいかな
こうしてみると薔薇ねこ庭はルゴサローズがけっこう主流を占めています。
いや、生き残ったと言うべきでしょうか
最盛期にはこの庭に120本もの薔薇がひしめいていました。
やがて時は流れ、生き残ったのがやはり病気にも虫にも強い種という
ことでしょうか
しかも、ルゴサローズはハマナスを起源とするので、大体どの種も
とても良い香りを持っています。
やはり、ガーデンローズ選びのポイントととして、香りは結構重要ですよね

NEC_0038.jpg

たまには こんな風にリビングに飾って楽しんだり

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

スーブニール ド フェレモン コチ



数年前、近所のホームセンターで購入したのですが、
ソウベルニア何とかという名札が、付いていました。
何だか知らないけど形状からするとルゴサローズの
一種だろうと、仲間内ではコチで通っていました。
数年後、ソウベルニアがスーブニールというフランス語だということが判明し、
実は結構 有名なハイブリッドルゴサだったのです

薔薇の名は、英語 フランス語 ドイツ語 時に、イタリア語 ラテン語なんか登場して、
語学がさっぱりな者にとってはちょっと大変です
しかしやはりこのバラの通り名はいまだにコチです。

花姿は見ての通り真っ白な花びらに緑のボタンアイが覗いたロゼット咲きで
いたってノーブルなオールドローズといったおもむきです。
香りもルゴサらしい上品ないい匂いです。

SANY0075_convert_20130506104601.jpg

隣で先日蕾で登場したロズレイドレイも華やかに咲いています。
あちらこちらで咲き始め、ガーデン薔薇ねこ館のクライマックスが近づいています。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

いい香り!


ロサ バンクシアエ ノルマリスと言うと、なんだかカタイ感じですが、
一重のモッコウバラです。
どうも他のモッコウバラより より一層野生に近いみたいで、高木になり
どんどん葉が茂ります。その割には花は疎らです。
しかし少しの花でも野バラに似た匂いが強く香ります。
花姿も似ていますが、いわゆる一般的な野ばら、ムルティフローラの三倍くらいはあります。
その意味では、一粒で二度美味しい効率のいいバラと言えるのでは?
SANY0069_convert_20130506104941.jpg
先日アップした、玄関パーゴラの白モッコウとマダムアルフレッドカリエールの饗宴です。
白と淡い肌色ピンクの取り合わせは優しい感じです。


  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ディスプレアフルールジョーヌ


ノアゼットローズのディスプレアフルールジョーヌです。
ラッセリアーナのアーチの茂みの中でいつの間にかひっそりと咲いていました。
この薔薇はノアゼットローズらしくクリームに薄ピンク、オレンジ、イエローが混じりあった
複雑な花色とフルーツの香りがするのが特徴です。
数年前にカミキリムシの被害に遭い近年は余りパッとしません。
今年の花色はイエローが勝っていますが、往年?のピンクがかった繊細な花色を思い浮かべると
うちの庭薔薇の中の大好き度ランキングではでは、高位置にランクされます

NEC_0039_convert_20130419232018.jpg
ガゼボの下のスモークツリー ミスティーパープル
水滴がビーズのようにキラキラ

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

マダム アルフレッド カリエール


玄関先のパーゴラでノアゼットローズのマダムアルフレッドカリエールがふんわりと咲き始めました。
この薔薇はオールドのつるには珍しく四季咲きです。
と、言っても春以外の季節はあまり豪華な花は咲きません。
やはり、なんと言っても薔薇は春です。
ほんのり肌色がかった薄ピンクの花色がなんとも優雅でうっとりしてしまいます。
春のノアゼットローズの繊細で微妙な花姿はとても好きです。
SANY0057_convert_20130504195801.jpg
中庭を二階のバルコニーから撮影したところです。
トレリスに誘引したポールズヒマラヤンムスク、トレジャートルーブ、プレーリー№2などが
覆い被さらんばかりに身を乗り出しています。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

かわいい蕾がついてワクワク


SANY0056_convert_20130503120839.jpg
特徴ある形の蕾がたくさん出てきて、期待感でいっぱいになります。

上はモスローズのカトルセゾンブランムソーです。
モスローズらしくたくさんのコケやヒゲ?が付いていてとてもユニークです。
個人的には開花した花よりも、むしろ蕾の方にひかれます


下はケンティフォーリアのヴィレッジメイドです。
これはもともと、シックな色調のシマシマな花姿に惹かれ、バラ友さんから挿し木で分けて貰ったものです。
今年で三年目です。去年大分大きくなったので地植えしたのですが、植えた場所が気に入らなかったみたいで、
花を咲かせませんでした。
と、なかなか贅沢なヤツです。今年は鉢上げして日当たりの良い所に置いたら、なんとか機嫌を直して
咲いてくれるようです。
NEC_0021_convert_20130503121208.jpg
以前、イギリスに行った時、ストラッド・フォードで撮影したアンハサウェイの庭です。
今でも美しい庭のお手本として色褪せる事無く思い出されます。
また、近年中にかの地へ庭めぐりに行けたらいいななんて思いめぐらせています。

  1. 薔薇
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ウィンチェスターキャセドラル


おなじみイングリッシュローズの白花種です
うちの庭には 随分昔からいます。結構 主要メンバーかも
南側の出窓の前の好条件の場所にいるせいか、毎年豪勢に咲きます。
これは今年の一番花です。気温が低いのでなかなか花持ちが良いです。
一つだけ妙に早く咲いたので、他の蕾はまだまだ固く満開には程遠いです。
先祖返りして左側に兄弟のメアリーローズのピンクがうっすら覗いています。

今年当地は三月が暖かかったので 薔薇の開花も早まるかも~
と思われましたが、四月が寒かったので やはり盛りは例年並みかな?
なんて思い直してます。
NEC_0016_convert_20130420002240.jpg
昨年華やかに咲いたオールドローズ」たち



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

薔薇ねこ

Author:薔薇ねこ
薔薇ガーデニング、猫、インテリア、手作りが好きです。

マスコット猫ジルがご案内します。

よろしかったら

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

感想などありましたらお気軽に お寄せ下さいませ(#^.^#)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

くろねこ時計



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。